このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

    精密自動旋盤による精密部品の挽き物加工&小径部品量産化のスペシャリスト集団の金鈴精工
 


当社は、主軸移動型(ピーターマン)の精密自動旋盤による挽き物加工業です。 φ1.0~φ10の特に小径部品の加工が得意です。 (加工可能サイズは、径がφ0.8~φ12で、長さは最長で150mm程度までです) NC機は、複合加工正面背面同時加工できます。

弱電部品、特に、デジタルカメラ、ハードディスク、音響、自動車周辺部品、等の部品を製造しています。 コスト、精度、品質に自信があります。 特に、難易度の高いワークを安定量産化に結びつけるのが得意です。 部品の開発者や設計者と相談して、量産化に有利な方法を提案する事が多いです。

当社が最もこだわるのは「品質管理」。生産した部品全てに人間の目を通します。

さらには、金鈴精工は検査測定装置については、かなりの拘りがございます。
例えば、どんなに良い品物を作っても、それを正しく評価する事が出来なければただの思い過ごしとなる可能性があるのです。 むしろ、その可能性が充分に高いのです。

オペレーターは常に良い物を作っていると思っています。 さらに、怖い事に全く技術のないオペレーターも同様に常に良い物を作っていると思っているのです。
思い過ごしによる、カ・ン・チ・ガ・イを無くすためにも正しく評価出来る検査測定機器が絶対的に必要となるのです。

また、かなりの高い精度を正しく測定をする事が可能な検査測定機器が必要という事は、言い方を変えれば、それだけの高い精度を必要とし、高い精度の加工を行い維持・管理が出来る事を意味します。

つまり、金鈴精工のモノ作りとは「高い技術・高い精度・揺ぎ無い信用」から成り立っているのです。

それゆえに金鈴精工のコダワリが、ここにございます。「コダワリの金鈴」と言われる所以なのです。


 
     金鈴精工の特徴
 

主軸移動型 ( ピーターマン ) の精密自動旋盤による挽き物加工業として日本はもとより中国にも展開しております。

NC 機は、複合加工正面背面同時加工できます。
弱電電気部品、特に、デジタルカメラ、分析器、ハードディスク、光コネクター、音響、自動車、歯車のブランク、ビデオ等の部品を製造しています。

コスト、精度、品質に自信があります。
技術者 2 人で 21 台稼働させているので、小ロットや短納期対応には限界がありますが、多くの会社が嫌がるような難易度の高い品物を量産に結びつけるのが得意です。
時にはメーカーの設計者の方との打ち合わせや、実験を重ねながら、出来るだけトラブルが少なくなるような図面を作っていくこともあります。

量産品で困ったことがあったら気軽にご相談ください。
 

 
©2010-2015 KANESUZU, All Rights Reserved, and Web Designed by UFFICIOGUNZY, Translation by Forestlee